セプテム総研

企業紹介 研究・開発拠点 学会発表 採用情報 お問い合わせ
学会発表
HOME >> 学会発表
学会発表
Glycative Stress Research
酸化蛋白分解酵素(oxidized protein hydrolase ; OPH)の蛋白糖化最終産物(advanced glycation end products ; AGEs)消去作用と角層中のOPH様活性
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター・糖化ストレス研究センター:八木 雅之
株式会社セプテム総研:石神 政道
株式会社セプテム総研:森 亮太
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター・糖化ストレス研究センター:石崎 香
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター・糖化ストレス研究センター:三橋 璃子
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター・糖化ストレス研究センター:部 稚子
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター・糖化ストレス研究センター:米井 嘉一
<発表内容の概要>

糖化ストレスによる皮膚での蛋白糖化最終生成物(AGEs)の蓄積は、弾力低下やキメ喪失などに関与する。OPHは酸化や糖化した蛋白質を分解し、またプロテアソームと協働で老化蛋白の分解排泄に作用する。しかし、AGEsに対するOPHの作用は確認されていない。本研究では加齢に伴う皮膚組織の糖化と糖化ストレス防御機構に着目し、角層中OPH活性の有無を調査するとともに、OPHのAGEsに対する作用を検証した。
頬および上腕内側の角層抽出液中にOPH様活性がみられた。頬の角層抽出液または市販のOPHをゲル濾過クロマトグラフィーで分画した結果、同一の溶出画分にOPH様活性が認められた。またAGEs化したヒト血清アルブミン(AGE-HSA)を基質としてOPHを反応させた結果、OPHはAGE-HSA中の蛍光性AGEs量を減少させた。さらに頬角層抽出液とCMLを反応させた結果、反応液中のCML量は減少した。次に21〜75歳の健康な女性52名の角層OPH様活性、角層CML量、皮膚AGEs蓄積量を測定した結果、OPH様活性は年齢と負の相関関係を示した。また、皮膚AGEs蓄積量、角層CML量と年齢は正の相関関係を、角層OPH様活性と角層CML量、皮膚AGEs蓄積量は負の相関関係を示した。
以上の結果より、角層中に存在を認めたOPH様活性は、角層CMLおよび皮膚AGEsの分解に関与している可能性があった。加齢に伴う角層OPH様活性の低下は、角層CML量、皮膚中AGEs蓄積量の増加への関与が示唆された。

spacer
 
| HOME | お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報保護方針 |
footer_bar
Copyright (C) 2018 Septem Soken All Rights Reserved.