セプテム総研

企業紹介 研究・開発拠点 学会発表 採用情報 お問い合わせ
学会発表
HOME >> 学会発表
学会発表
第41回 日本研究皮膚科学会
基底膜の再構築における細胞内カルボニル化タンパク質と酸化タンパク分解酵素の役割
株式会社セプテム総研:森 亮太
株式会社セプテム総研:石神 政道
株式会社セプテム総研:岡田 正紀
東京工科大学:正木 仁
<発表内容の概要>

近年、脂質過酸化反応の最終生成物であるカルボニル化タンパク質(Carbonylated Proteins: CP)が光老化皮膚において多く観察されることから、皮膚老化プロセスへの影響が注目されている。また、基底膜の分解と再構築は電子顕微鏡において確認され、光老化皮膚においても観察されている。一方、セリンプロテアーゼの一種である酸化タンパク分解酵素(oxidized protein hydrolase: OPH)により、CPは分解されると報告されている。しかしながら、表皮細胞におけるCPの蓄積に対するOPHの作用や基底膜関連タンパク質の発現におけるCPの影響は不明である。そこで、HaCaT keratinocytesを用いてCPと基底膜関連タンパク質との関係やCPの分解におけるOPHの寄与について明らかにすることを本研究の目的とした。慢性的な酸化ストレスにより細胞内にCPが蓄積され、IV型やVII型コラーゲンのような基底膜関連タンパク質のmRNA発現が減少した。またOPH阻害剤処理により細胞内のCPが増加した。以上より、酸化ストレスもしくは細胞内CPの蓄積は基底膜の再構築に影響を及ぼし、またOPHは表皮細胞においてCPの分解作用がある可能性があると結論づけた。

spacer
 
| HOME | お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報保護方針 |
footer_bar
Copyright (C) 2018 Septem Soken All Rights Reserved.