セプテム総研

企業紹介 研究・開発拠点 学会発表 採用情報 お問い合わせ
学会発表
HOME >> 学会発表
学会発表
Trends in Immunotherapy 総説
創傷治癒におけるサーチュインの役割
SPTM R&D オーストラリア:相生章博
<発表内容の概要>

サーチュイン(SIRT)はタンパク質を脱アセチル化する酵素として特定されたが,その後“長寿遺伝子”として広く注目を集めるようになった。さらに,研究の進展に伴って,炎症や細胞分化などの生体内情報伝達に関与していることが明らかになりつつある。炎症反応は創傷治癒の過程において重要な位置を占めるが,SIRTはその中で抗炎症的に働くことから創傷治癒の促進が期待されている。高齢化社会において,床ずれによる褥創や糖尿病の合併症としての潰瘍などの慢性的な創傷は,傷や火傷による急性的な創傷と共に解決すべき問題となっている。本総説では,SIRTがどのように創傷治癒に関与しているかを解説し,さらに将来の治療における展望を述べる。

spacer
 
| HOME | お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報保護方針 |
footer_bar
Copyright (C) 2018 Septem Soken All Rights Reserved.