セプテム総研

企業紹介 研究・開発拠点 学会発表 採用情報 お問い合わせ
学会発表
HOME >> 学会発表
学会発表
Society for Cutaneous Ultrastructure Research
アルニカによるIL-6産生抑制
SPTM R&D Australia、School of Med, University of Queensland:相生 章博
School of Med, University of Queensland:Roy Kimble、James McMillan
<発表内容の概要>

紫外線によって表皮細胞から産生されるメディエーター(情報伝達物質)の一つであるインターロイキン(IL)-6が、皮膚の炎症反応に関わっていることはよく知られている。ヒト正常線維芽細胞にTGF-beta1(トランスフォーミング増殖因子:動物体内で、特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質)を添加すると瘢痕由来の線維芽細胞に特徴的なalpha-SMA(α平滑筋アクチン:筋肉の細胞に見られるタンパク質)が誘導されると同時にIL-6の産生も誘導されることは過去の研究で示されている。このことは、創傷や熱傷の治癒過程において中心的な役割を果たすTGF-beta1とIL-6が密接な関係にあることを示している。

我々はLPS刺激によるマクロファージからのIL-6産生をアルニカ抽出物が抑制することは既に明らかにしているが、まったく別の情報伝達経路であり、また細胞も異なる系でのアルニカ抽出物の効果を検討した結果、TGF-beta1刺激による正常線維芽細胞からのIL-6産生もアルニカが抑制することを見出した。さらに、恒常的にIL-6を産生する瘢痕由来線維芽細胞からのIL-6産生に対してもアルニカは有効であった。このことは創傷や熱傷の治癒および瘢痕の予防にアルニカが有効である可能性を示唆している。

spacer
 
| HOME | お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報保護方針 |
footer_bar
Copyright (C) 2017 Septem Soken All Rights Reserved.