セプテム総研

企業紹介 研究・開発拠点 学会発表 採用情報 お問い合わせ
学会発表
HOME >> 学会発表
学会発表
第10回 国際生理人類学会議(豪フリーマントル大会)
Influence of natural solar enposure for 3 hours to immunological parameters and
heart rate variability in humans
〜3時間太陽光曝露がヒトの免疫及び心拍数に及ぼす影響〜
京都大学医学部:山下舞琴、若村智子[発表者]、斉藤麻菜美、大桃里菜、長島俊輔
奈良女子大学共生センター:村松加奈子
奈良女子大学生活環境学部:米田守宏
(株)セプテム総研:小川茂行、岡田正紀
奈良佐保短期大学:大石正
<発表内容の概要>

人工光源を用いた過酷な紫外線(UV)照射がヒトの皮膚や目に与える影響について、数多くの研究がなされてきた。それらから、UV防御に留意することの必要性を学んできた。本研究では、UVを含む太陽光曝露がヒトの免疫及び心拍数に及ぼす影響について明らかにすることを目的とした。

スキンタイプ2型に属する健康な日本人男子学生(平均:22.2歳)20名をこの研究の被験者とし、各々、曝露するグループ(EXP)と防御グループ(PRO)の2つのグループにランダムに振り分けた。太陽光曝露中は、PRO群の背中は綿布で被い、11:30〜14:30の3時間、屋外で曝露した。

その結果、コルチゾール値は、PRO群で曝露後減少傾向が認められた(0.05<p<0.1)。IL-6においてはPRO群で変化がなかったのに対し、EXP群では増加傾向が認められた。自覚症状調べでは、曝露後の疲労感が、PRO群に比べてEXP群に有意に大きいことが認められた(p<0.05)。 皮膚色の変化(⊿E)はPRO群が明らかにEXP群より小さく、有意な差が認められた(p<0.01)。副交感因子については、EXP群の方がPRO群に比べて低く、傾向差が認められた(0.05<p<0.1)。

これらの結果より、3時間という短時間太陽光曝露においてさえヒトの生理学的能力に影響する可能性があり、衣服やサンスクリーン剤は、UVを含む厳しい太陽光からヒトを健康に守ることが示唆された。

spacer
 
| HOME | お問い合わせ | サイトマップ | 個人情報保護方針 |
footer_bar
Copyright (C) 2017 Septem Soken All Rights Reserved.